2007年10月22日

ライコネンが奇跡の逆転王座に

競阪神のひとりごと HOME > F1 > ライコネンが奇跡の逆転王座に
★人気チケットをGETするならPIAカード!★
 F1ブラジルGPはフェラーリのキミ・ライコネンが優勝し、ポイントリーダーのルイス・ハミルトンが7位に終わり、フェルナンド・アロンソも3位に終わったため、奇跡的に逆転チャンピオンに輝いた

ブラジルGP決勝結果

順位
ドライバー
チーム
タイム
1
k・ライコネンフェラーリ 1:28:15.270
2
F・マッサフェラーリ
+ 1.493
3
F・アロンソマクラーレン・メルセデス
+ 57.019
4
N・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ
+ 1:02.084
5
R・クビサBMWザウバー
+ 1:10.957
6
N・ハイドフェルドBMWザウバー
+ 1:11.317
7
L・ハミルトンマクラーレン・メルセデス
+ 1 LAP
8
J・トゥルーリトヨタ
+ 1 LAP
9
D・クルサードレッドブル・ルノー
+ 1 LAP
10
中嶋一貴ウィリアムズ・トヨタ
+ 1 LAP
11
R・シューマッハトヨタ
+ 1 LAP
12
佐藤琢磨スーパーアグリ・ホンダ
+ 2 LAPS
13
V・リウッツィトロロッソ・フェラーリ
+ 2 LAPS
14
A・デビッドソンスーパーアグリ・ホンダ
+ 3 LAPS


ライコネンが奇跡の王座に

ブラジルGPが始まる前、ライコネンはトップのハミルトンとは7ポイント差の100ポイント。ライコネンがチャンピオンになるには優勝した場合、ハミルトンが6位以下、アロンソが3位以下に終わることが条件となる。ライコネンが2位の場合、ハミルトンはノーポイントに終わり、アロンソが4位以下に終わることが条件となった。いずれにしても極めて厳しい状況といえた。

だが、奇跡は起こった。3番手スタートからライコネンは好スタートを決め、2番手スタートのハミルトンを追い抜いて2位に浮上する。その後、ハミルトンはギアボックスのトラブルからスローダウン、18番手に落ちた。もう一人のライバル、アロンソは3位を走行しており、フェラーリ陣営はライコネンのチャンピオン獲得の可能性を信じたはず。

2回目のピットストップでライコネンはトップを走っていたチームメートのマッサの前に出て、チャンピオンを目指してひた走る。そして、71周のレースをレースをライコネンが駆け抜け、優勝を飾った。アロンソは3位、ハミルトンは追い上げたが、7位に終わった。この結果、ライコネンが110ポイント、ハミルトン、アロンソが共に109ポイントでライコネンのチャンピオンが決まった。

日本GP後、ほぼ絶望と思われたライコネンの王座だが、中国GP、ブラジルGPの優勝とハミルトンの自滅で奇跡的な逆転で王座を手にした。

ハミルトン、痛恨のマシントラブル

ここまで完璧な信頼性を誇ったマクラーレン。アロンソ、ハミルトン共に1度ずつリタイヤはあるが、いずれもマシントラブルによるものではなかった。だが、最後の最後の重要な場面でハミルトンのマシンが突如ギアボックストラブルを発生させ、18番手まで後退。一気に天国から地獄へ落ちた。

この日のハミルトンはいつもの彼らしくなく、ミスを連発していた。1周目に前に出られたアロンソを外から強引に抜きにかかったが、逆にコースオフ、順位を大きく下げた。その後にマシントラブルを発生させている。アイルトン・セナ、ナイジェル・マンセル、ミハエル・シューマッハといった名ドライバーたちもチャンピオンのかかったレースでミスをしでかしている。いくら脅威の新人とはいえ、ハミルトンも相当なプレッシャーがかかっていたと思われる。チャンピオンになれなかったとはいえ、ハミルトンの今年の活躍がすばらしかったことに変わりはない。来季以降もチャンピオンになれる可能性は十分にある。
ドライバーズポイント
順位
ドライバー
チーム
ポイント
1
K・ライコネンフェラーリ
110
2
L・ハミルトンマクラーレン・メルセデス
109
3
F・アロンソマクラーレン・メルセデス
109
4
F・マッサフェラーリ
94
5
N・ハイドフェルドBMWザウバー
61
6
R・クビサBMWザウバー
39
7
H・コヴァライネンルノー
30
8
G・フィジケラルノー
21
9
N・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ
20
10
D・クルサードレッドブル・ルノー
14
11
A・ヴルツウィリアムズ・トヨタ
13
12
M・ウェバーレッドブル・ルノー
10
13
J・トゥルーリトヨタ
8
14
S・ベッテルトロロッソ・フェラーリ
6
15
J・バトンホンダ
6
16
R・シューマッハトヨタ
5
17
佐藤琢磨スーパーアグリ・ホンダ
4
17
V・リウッツィトロロッソ・フェラーリ
3
17
A・スーティルスパイカー・フェラーリ
1

コンストラクターズポイント
順位
チーム
ポイント
1
フェラーリ
204
2
BMWザウバー
101
3
ルノー
51
4
ウィリアムズ・トヨタ
33
5
レッドブル・ルノー
24
6
トヨタ
13
7
トロロッソ・フェラーリ
8
8
ホンダ
6
9
スーパーアグリ・ホンダ
4
10
スパイカー・フェラーリ
1
 最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ、このボタンをクリックお願いします。
 

 
posted by 競阪神 at 22:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | F1



この記事へのコメント
競阪神さん、お久し振りです。
私も10年前、名古屋に単身赴任してました。
なかなか住み易いところですよ。
しかし喫茶店でのモーニングにはビックリ!
あんこが付いてました・・・
トーストにバター、そしてあんを付けて食べるところもありました。
環境が変わり大変でしょうが、頑張って下さい。

Posted by 虎虎虎 at 2007年11月22日 23:30
虎虎虎さん、コメントありがとうございます。

関西と名古屋では食文化も結構異なるようですね。土地勘がありませんが、早く環境に慣れればと思います。逆に向こうの生活を楽しみにしています。

新幹線を使えば大阪まで1時間もかかりませんし、甲子園も十分に通えますね。
Posted by 競阪神 at 2007年11月23日 02:00
競阪神様、新年明けましておめでとうございます。
阪神的には敵地での応援になりますが、孤軍奮闘、頑張って下さい。
健闘をお祈り致します。
Posted by 虎虎虎 at 2008年01月04日 23:13
お久し振りです。
岡崎では中日新聞の勧誘が盛んでしょう!
ところでF1も始まりましたね〜
中嶋ジュニアーも素晴らしいスタートを切りました。
阪神も開幕ダッシュといきたいですね!
今期も宜しくお願いします。
Posted by 虎虎虎 at 2008年03月22日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61966248

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。