2007年08月14日

ハミルトンが優勝を飾るもチーム内に禍根を残す F1ハンガリーGP

競阪神のひとりごと HOME > F1 > ハミルトンが優勝を飾るもチーム内に禍根を残す F1ハンガリーGP
★人気チケットをGETするならPIAカード!★
 少し遅くなったが、F1ハンガリーGPを振り返っておく。

F1ハンガリーGP予選結果

順位
ドライバー
チーム
タイム
1
※F・アロンソマクラーレン・メルセデス1:19.674
2
L・ハミルトンマクラーレン・メルセデス
+ 0.107
3
N・ハイドフェルドBMWザウバー
+ 0.585
4
K・ライコネンフェラーリ
+ 0.736
5
N・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ
+ 0.958
6
R・シューマッハトヨタ
+ 1.040
7
R・クビサBMWザウバー
+ 1.202
8
G・フィジケラルノー
+ 1.405
9
J・トゥルーリトヨタ
+ 1.532
10
M・ウェバーレッドブル・ルノー
+ 1.582
11
D・クルサードレッドブル・ルノー
1:20.718
12
H・コヴァライネンルノー
1:20.779
13
A・ヴルツウィリアムズ・トヨタ
1:20.865
14
F・マッサフェラーリ
1:21.021
15
A・デビッドソンスーパーアグリ・ホンダ
1:21.127
16
V・リウッツィトロロッソ・フェラーリ
1:21.993
17
J・バトンホンダ1:21.737
18
R・バリチェロホンダ1:21.877
19
佐藤琢磨スーパーアグリ・ホンダ1:22.143
20
S・ベッテルトロロッソ・フェラーリ1:22.177
21
A・スーティルスパイカー・フェラーリ1:22.737
22
山本左近スパイカー・フェラーリ
1:23.774
赤字は2戦目のエンジン使用ドライバー(予想)
※アロンソは5グリッド降格のペナルティ。詳細は後述。

ハンガリーGP決勝結果

順位
ドライバー
チーム
タイム
1
L・ハミルトンマクラーレン・メルセデス 1:35:52.991
2
K・ライコネンフェラーリ
+ 0.715
3
N・ハイドフェルドBMWザウバー
+ 43.129
4
F・アロンソマクラーレン・メルセデス
+ 44.858
5
R・クビサBMWザウバー
+ 47.616
6
R・シューマッハトヨタ
+ 50.669
7
N・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ
+ 59.139
8
H・コヴァライネンルノー
+ 1:08.104
9
M・ウェバーレッドブル・ルノー
+ 1:16.331
10
J・トゥルーリトヨタ
+ 1 LAP
11
D・クルサードレッドブル・ルノー
+ 1 LAP
12
G・フィジケラルノー
+ 1 LAP
13
F・マッサフェラーリ
+ 1 LAP
14
A・ヴルツウィリアムズ・トヨタ
+ 1 LAP
15
佐藤琢磨スーパーアグリ・ホンダ
+ 1 LAP
16
S・ベッテルトロロッソ・フェラーリ
+ 1 LAP
17
A・スーティルスパイカー・フェラーリ
+ 2 LAPS
18
R・バリチェロホンダ
+ 2 LAPS

ハミルトンがライコネンの追撃を振り切って優勝。しかし予選では禍根を残す。

 予選Q3でアロンソとハミルトンの間で問題が起こった。残り時間がわずかとなった時点でアロンソがピットインしたが、なかなかピットアウトせず、なんと30秒近くもピットに留まった。これによってハミルトンの作業が大幅に遅れ、最後のタイムアタックをする前に時間切れでタイムを更新できず、アロンソに続く2位に終わった。

 そして予選後、アロンソのこの行為がスポーツマンシップに反するとして5グリッドの降格、さらにはハンガリーGPでのドライバーズポイントの加算は認められたが、コンストラクターズポイントは認められないペナルティーが科せられた。

 決勝レースは毎年のことだが、ハンガロリンク・サーキットは埃っぽく、レコードラインを外れると滑りやすいコース状態のため、スピンやコースアウトが続出した。そんな中、ハミルトンは無難なレース運びを見せ、終盤のライコネンの追撃のプレッシャーに負けることもなく見事に優勝を飾った。

アロンソとハミルトンの関係はセナ、プロスト時代よりも悪いとロン・デニスが認める

 モナコGPあたりからアロンソとハミルトンの関係がぎくしゃくし始めたが、今では最悪な状況にあるようだ。チーム代表のロン・デニスも「セナ、プロストとのときよりも悪い。当時はインターネットもなかった」として、2人の緊迫した関係を認めている。アロンソも早くも今季限りでのチーム離脱がうわさされており、BMWザウバーや古巣のルノーの名前が挙がっている。アロンソのマネージャーは離脱を否定しているが、マクラーレンとの3年契約を全うする可能性はかなり低いものと思われる。

スーパーアグリに資金難のうわさ

 カナダGPで佐藤琢磨がアロンソをオーバーテイクして6位入賞するなど印象的な活躍を見せているスーパーアグリだが、大口のスポンサーの入金がなされていないようで、資金難に陥っているようだ。チーム関係者も参戦しているだけで精一杯という状況だと言うことを認めている。スーパーアグリは現在コンストラクターズランキングで8位につけているが、10位以内に入れば次の年はFOAからある程度移動費用をまかなってもらえるので、資金面は楽になる。しかし、全戦参戦しなければこの特典を受けられない。スーパーアグリが最終戦まで参戦できるのか気がかりだ。

東京市街地でF1開催構想

 富士スピードウェイにつづいて、東京の市街地でF1開催の構想があることが明らかになった。実現すると95年以来の日本で2回F1を開催することになる。FOAのバーニー・エクレストン会長は「日本では毎年1レースは続ける。東京の都心でレースをやりたい」と意欲を見せている。どういったレイアウトになるのか興味はあるが、公道を使うとなると警察などの関係各所との交渉も必要となるので、実現は少し先になりそうだ。
ドライバーズポイント
順位
ドライバー
チーム
ポイント
1
L・ハミルトンマクラーレン・メルセデス
80
2
F・アロンソマクラーレン・メルセデス
73
3
K・ライコネンフェラーリ
60
4
F・マッサフェラーリ
59
5
N・ハイドフェルドBMWザウバー
42
6
R・クビサBMWザウバー
28
7
G・フィジケラルノー
17
8
H・コヴァライネンルノー
16
9
A・ヴルツウィリアムズ・トヨタ
13
10
M・ウェバーレッドブル・ルノー
8
11
D・クルサードレッドブル・ルノー
8
12
N・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ
7
13
J・トゥルーリトヨタ
7
14
R・シューマッハトヨタ
5
15
佐藤琢磨スーパーアグリ・ホンダ
4
16
J・バトンホンダ
1
17
S・ベッテルBMWザウバー
1

コンストラクターズポイント
順位
チーム
ポイント
1
※マクラーレン・メルセデス
138
2
フェラーリ
119
3
BMWザウバー
71
4
ルノー
33
5
ウィリアムズ・トヨタ
20
6
レッドブル・ルノー
16
7
トヨタ
12
8
スーパーアグリ・ホンダ
4
9
ホンダ
1
※マクラーレンは本来なら15ポイント加算されるところだが、アロンソのペナルティーでコンストラクターズポイントの加算は認められない
 最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ、このボタンをクリックお願いします。
 

 
posted by 競阪神 at 20:05 | Comment(1) | TrackBack(2) | F1



この記事へのコメント
コメントおおきにです。
広島もアシストしてくれました。
首位に3.5ゲーム差。
もうマジかに迫ってきましたね〜
Posted by 虎虎虎 at 2007年08月15日 00:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ハンガリーGPはハミルトンが優勝
Excerpt: 今季10戦ハンガリーGPはハミルトンがPPから優勝を飾った 予選はアロンソがPP獲得しハミルトン2番手でマクラー独占で ハイドフェルド・ライコネンが続いたがマッサ14番手は痛いし 佐藤琢磨は..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2007-08-17 09:59

ハンガリーGPでハミルトン優勝&おお振り&パパとムスメ
Excerpt: おお振りは桐青の反撃が開始だが三橋の好守でスクイズを阻止したし ハンガリーGPはハミルトンがPPから優勝しアロンソとの差広め琢磨15位で パパとムスメは仕事や3社面談など上手く行ったが桃の伝説..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2007-08-17 14:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。