2007年07月23日

アロンソが大混乱のレースを制する F1ヨーロッパGP

競阪神のひとりごと HOME > F1 > アロンソが大混乱のレースを制する F1ヨーロッパGP
★人気チケットをGETするならPIAカード!★
 F1ヨーロッパGPはフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・メルセデス)が終盤にフェリペ・マッサ(フェラーリ)を逆転し優勝を果たした。

F1ヨーロッパGP予選結果

順位
ドライバー
チーム
タイム
1
K・ライコネンフェラーリ1:31.450
2
F・アロンソマクラーレン・メルセデス
+ 0.291
3
F・マッサフェラーリ
+ 0.328
4
N・ハイドフェルドBMWザウバー
+ 0.390
5
R・クビサBMWザウバー
+ 0.673
6
M・ウェバーレッドブル・ルノー
+ 1.026
7
H・コヴァライネンルノー
+ 1.028
8
J・トゥルーリトヨタ
+ 1.051
9
R・シューマッハトヨタ
+ 1.120
10
L・ハミルトンマクラーレン・メルセデス
+ 2.383
11
N・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ
1:31.978
12
A・ヴルツウィリアムズ・トヨタ
1:31.996
13
G・フィジケラルノー
1:32.010
14
R・バリチェロホンダ
1:32.221
15
A・デビッドソンスーパーアグリ・ホンダ
1:32.451
16
佐藤琢磨スーパーアグリ・ホンダ
1:32.838
17
J・バトンホンダ1:32.983
18
S・スピードトロロッソ・フェラーリ1:33.038
19
V・リウッツィトロロッソ・フェラーリ1:33.148
20
D・クルサードレッドブル・ルノー1:33.151
21
A・スーティルスパイカー・フェラーリ1:34.500
22
M・ヴィンケルホックスパイカー・フェラーリ
1:36.940
赤字は2戦目のエンジン使用ドライバー(予想)

ヨーロッパGP決勝結果

順位
ドライバー
チーム
タイム
1
F・アロンソマクラーレン・メルセデス 2:06:26.358
2
F・マッサフェラーリ
+ 8.155
3
M・ウェバーレッドブル・ルノー
+ 1:05.674
4
A・ヴルツウィリアムズ・トヨタ
+ 1:05.937
5
D・クルサードレッドブル・ルノー
+ 1:13.656
6
N・ハイドフェルドBMWザウバー
+ 1:20.298
7
R・クビサBMWザウバー
+ 1:22.415
8
H・コヴァライネンルノー
+ 1 LAP
9
L・ハミルトンマクラーレン・メルセデス
+ 1 LAP
10
G・フィジケラルノー
+ 1 LAP
11
R・バリチェロホンダ
+ 1 LAP
12
A・デビッドソンスーパーアグリ・ホンダ
+ 1 LAP
13
J・トゥルーリトヨタ
+ 1 LAP

1周目から各車がピットインする大混乱の展開に

 スタート前から雨の予報があったニュルブルクリンクだったが、スタートした直後に大雨に見舞われた。程なくしてコース上は川のようになってしまい、各車が1周目からレインタイヤを求めてピットインした。ところが、先頭を走っていたライコネンがピットインしようとしたが、雨のために曲がりきれずにピットロードから外れてしまい、もう1周走る羽目になってしまうハプニングがあった。ライコネンはなんとかコースに留まることはできたが、大幅なタイムロスとなり、順位を大きく落としてしまう。

アロンソが最後の最後に大逆転

 その後、各車が続々とコースアウトし、リタイヤに追い込まれ、とうとう4周目には赤旗が出された。この時点でトップに立ったのは何とスパイカーのヴィンケルホック。フォーメーションラップ後にピットに入り、レインタイヤに替えたのが功を奏した。再スタート後、ヴィンケルホックは次々と抜かれて結局リタイヤしたものの、F1初出走で十分見せ場は作った。

 ヴィンケルホックに替わってトップに立ったのはフェラーリのマッサ。レース中盤以降を完全に制し、優勝を目前に控えていたが、レース終盤にまたしても雨に見舞われる。ここで一気にアロンソが追いつき、残り4周というところでマッサをパス、最後は8秒差をつけて優勝した。

 今回のレースは雨、晴れ、雨とめまぐるしくコンディションが変化したが、とてもおもしろいレースであった。
ドライバーズポイント
順位
ドライバー
チーム
ポイント
1
L・ハミルトンマクラーレン・メルセデス
70
2
F・アロンソマクラーレン・メルセデス
68
3
F・マッサフェラーリ
59
4
K・ライコネンフェラーリ
52
5
N・ハイドフェルドBMWザウバー
36
6
R・クビサBMWザウバー
24
7
G・フィジケラルノー
17
8
H・コヴァライネンルノー
15
9
A・ヴルツウィリアムズ・トヨタ
13
10
M・ウェバーレッドブル・ルノー
8
11
D・クルサードレッドブル・ルノー
8
12
J・トゥルーリトヨタ
7
13
N・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ
5
14
佐藤琢磨スーパーアグリ・ホンダ
4
15
R・シューマッハトヨタ
2
16
J・バトンホンダ
1
17
S・ベッテルBMWザウバー
1

コンストラクターズポイント
順位
チーム
ポイント
1
マクラーレン・メルセデス
138
2
フェラーリ
111
3
BMWザウバー
61
4
ルノー
32
5
ウィリアムズ・トヨタ
18
6
レッドブル・ルノー
16
7
トヨタ
9
8
スーパーアグリ・ホンダ
4
9
ホンダ
1
 最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ、このボタンをクリックお願いします。
 

 
posted by 競阪神 at 21:16 | Comment(4) | TrackBack(2) | F1



この記事へのコメント
先週のヨーロッパGは後味が悪い感じでしたね〜
アロンソとマッサが険悪なムード。
あれは強引な抜きに見えましたが・・・
ところで阪神は後半戦、絶好調!
一気に借金返済で貯金1になりました。
明日は久し振りの聖地観戦。
今からワクワクしてます。
Posted by 虎虎虎 at 2007年07月27日 22:45
虎虎虎さん、コメントありがとうございます。

マッサとアロンソは表彰式の前に少し口論になっていました。アロンソがマッサにぶつけられ、「わざと当てただろう」と言われ、マッサが怒ったようです。

タイガースはこの分だと今日も大丈夫でしょう。横浜は最近調子が悪いようですし、勝てることを祈ります。
Posted by 競阪神 at 2007年07月28日 12:49
ハンガリーGでのアロンソ!
絶対やってはいけない事をしてしまいましたね〜
これでアロンソはアンチヒーロに成り下がりました。
ハミルトン頑張れ!

Posted by 虎虎虎 at 2007年08月05日 23:09
虎虎虎さん、コメントありがとうございます。最近、多忙なもので返信が遅れてすいません。

アロンソは今季でチームを離脱という話も出ています。やはりトップドライバーが同じチームに在籍するのは難しいようです。
Posted by 競阪神 at 2007年08月13日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ヨーロッパGPはアロンソ優勝も大荒れ
Excerpt: 今季10戦ヨーロッパGPはアロンソが優勝したが大荒れだった 予選はライコネンがPP獲得し好調を維持してアロンソ2番手で マッサ3番手で4&5番手ハイドフェルド&クビサBMWが続き ハミルトン..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2007-07-24 09:56

ヨーロッパGPはアロンソ優勝&黒の契約者&パパとムスメ
Excerpt: 黒の契約者は6話を見て喪失者は能力を取り戻すも使わず殺されてしまい パパとムスメはパパは会議が終わり不倫の問題でムスメは先生と問題だし ヨーロッパGPは大荒れもアロンソ優勝しハミルトンと2P差だよ..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2007-07-26 15:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。