2007年07月01日

マッサがPP F1フランスGP予選

競阪神のひとりごと HOME > F1 > マッサがPP F1フランスGP予選
★人気チケットをGETするならPIAカード!★
 F1フランスGP予選はフェリペ・マッサ(フェラーリ)が4戦ぶりとなるPPを獲得。2番手はルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)、3番手はキミ・ライコネン(フェラーリ)が入った。

F1フランスGP予選結果

順位
ドライバー
チーム
タイム
1
F・マッサフェラーリ1:15.034
2
L・ハミルトンマクラーレン・メルセデス
+ 0.070
3
K・ライコネンフェラーリ
+ 0.223
4
R・クビサBMWザウバー
+ 0.459
5
G・フィジケラルノー
+ 0.640
6
H・コヴァライネンルノー
+ 0.792
7
N・ハイドフェルドBMWザウバー
+ 0.866
8
J・トゥルーリトヨタ
+ 0.901
9
N・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ
+ 1.294
10
F・アロンソマクラーレン・メルセデス
no time
11
R・シューマッハトヨタ
1:15.534
12
J・バトンホンダ
1:15.584
13
R・バリチェロホンダ
1:15.761
14
M・ウェバーレッドブル・ルノー
1:15.806
15
S・スピードトロロッソ・フェラーリ
1:16.049
16
D・クルサードレッドブル・ルノー
no time
17
V・リウッツィトロロッソ・フェラーリ1:16.142
18
A・ヴルツウィリアムズ・トヨタ1:16.241
19
※佐藤琢磨スーパーアグリ・ホンダ1:16.244
20
A・デビッドソンスーパーアグリ・ホンダ1:16.366
21
C・アルバーススパイカー・フェラーリ1:17.826
22
A・スーティルスパイカー・フェラーリ
1:17.915
赤字は2戦目のエンジン使用ドライバー(予想)
※佐藤琢磨は前戦でペナルティー未消化のため10グリッド降格

ハミルトンにチャンスありか

 2連勝中のハミルトンだが、今回はフェラーリの反撃に遭い、2番手に終わった。しかしQ1、Q2共にハミルトンがトップタイムを出していることから、マシンのできは良さそうだ。今回も勝つチャンスはありそうだ。

 一方のフェラーリはここで負けるようなことがあると、チャンピオンの可能性が厳しくなるだけに正念場だ。マッサはPPを守って優勝することが絶対条件だ。

今回も期待はずれのホンダ

 フランスGP開幕前に大幅なマシンの進化を実感していたはずのホンダだが、今回も12番手、13番手と期待はずれの結果になった。確かに若干の改善は見られるものの、まだまだ道は険しそうだ。
 最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ、このボタンをクリックお願いします。
 

 
posted by 競阪神 at 12:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | F1



この記事へのコメント
毎度です!
久し振りのフェラーリの1・2。
赤い跳ね馬の逆襲ですね〜
琢磨はペナルティーが痛かったですね。
Posted by 虎虎虎 at 2007年07月02日 22:47
虎虎虎さん、コメントありがとうございます。返信が遅れまして申し訳ありません。

イギリスGPでもライコネンが勝って、シーズンがおもしろくなってきました。これからが楽しみです。
Posted by 競阪神 at 2007年07月09日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。