2007年06月17日

ハミルトンが2戦連続でPP F1アメリカGP予選

競阪神のひとりごと HOME > F1 > ハミルトンが2戦連続でPP F1アメリカGP予選
★人気チケットをGETするならPIAカード!★
 F1アメリカGP予選はルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)が2戦連続でPPを獲得した。2位にはフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・メルセデス)が入り、マクラーレンは3戦連続で1列目を確保した。3位にはフェリペ・マッサ(フェラーリ)、前戦で6位入賞を果たした佐藤琢磨(スーパーアグリ)はタイムが伸びずに18番手に終わった。
にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

F1アメリカGP予選結果
順位
ドライバー
チーム
タイム
1
L・ハミルトンマクラーレン・メルセデス1:12.331
2
F・アロンソマクラーレン・メルセデス
+ 0.169
3
F・マッサフェラーリ
+ 0.372
4
K・ライコネンフェラーリ
+ 0.508
5
N・ハイドフェルドBMWザウバー
+ 0.516
6
H・コヴァライネンルノー
+ 0.977
7
S・ベッテルBMWザウバー
+ 1.182
8
J・トゥルーリトヨタ
+ 1.458
9
M・ウェバーレッドブル・ルノー
+ 1.540
10
G・フィジケラルノー
+ 1.622
11
D・クルサードレッドブル・ルノー
1:12.873
12
R・シューマッハトヨタ
1:12.920
13
J・バトンホンダ
1:12.998
14
N・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ
1:13.060
15
R・バリチェロホンダ
1:13.201
16
A・デビッドソンスーパーアグリ・ホンダ
1:13.259
17
A・ヴルツウィリアムズ・トヨタ1:13.441
18
佐藤琢磨スーパーアグリ・ホンダ1:13.477
19
V・リウッツィトロロッソ・フェラーリ1:13.484
20
S・スピードトロロッソ・フェラーリ1:13.712
21
A・スーティルスパイカー・フェラーリ1:14.122
22
C・アルバーススパイカー・フェラーリ
1:14.597
赤字は2戦目のエンジン使用ドライバー(予想)

インディアナポリスでは7戦6勝のフェラーリだが

 2000年からインディアナポリスでアメリカGPが開催されているが、昨年までフェラーリが7戦6勝で、そのうち5回も1-2フィニッシュを決めている。フェラーリにとっては非常に相性の良いコースだが、今回もマクラーレンの後塵を拝している。

 F1は現在、先週のカナダGPから超ハードスケジュールで、5週で4戦を消化しなければならない。フェラーリはここで連敗をすると、チャンピオンシップの流れが決まってしまうため、踏ん張りどころだ。

クビサの代役は19歳のベッテル

 カナダGPで、映像を見ていた医師も「死んだと思った」という大クラッシュを喫したクビサだが、幸い大きな怪我もなくレース出場に意欲を見せていたが、やはり大事をとって欠場した。代役は19歳のセバスチャン・ベッテルが起用された。昨年のトルコGPのフリー走行で、トップタイムをマークしたこともあり、その才能をみせつけていたが、今回も期待に応えて7番手につけた。F1で決勝を走ったことがないので、どういうレースを見せるのか楽しみだ。

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
 最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ、このボタンをクリックお願いします。
 

 
posted by 競阪神 at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。