2007年05月07日

阪神ー広島7,8回戦 GW全敗の7連敗

競阪神のひとりごと HOME > 阪神タイガース > 阪神ー広島7,8回戦 GW全敗の7連敗
★人気チケットをGETするならPIAカード!★
5/4 阪神ー広島 7回戦

123456789
R
広島10200440011
阪神000005000
5

阪神 2勝5敗

勝 フェルナンデス 2勝1敗
負 福原 1敗

7点差を2点差まで詰めたが、直後に引き離されて意気消沈

 7点のリードを奪われて敗色濃厚だったが、6回裏に狩野選手の本塁打などで5点を取り、追い上げムードになった。しかし、その直後の7回表に久保田投手が4点を奪われて完全に力尽きた。

5/5 阪神ー広島 8回戦

123456789
R
広島0000110002
阪神0000000000

阪神2勝6敗

勝 佐々岡 2勝2敗
負 ボーグルソン 2勝1敗
S 永川 1勝2敗9S

打順の大幅入れ替えを断行、それでも完封負け

 この日の試合は今岡選手を1番、鳥谷選手を2番、林選手を5番に打順を入れ替え、捕手も狩野選手をスタメンに抜擢したが、完封負けを喫した。投手が抑えると打者が沈黙、投手が打たれると、打者が打ち出すという完全に悪循環に陥っている。物事何をやっても上手くいかないことはあるが、こういうときはどうしようもない。悪いことが過ぎ去るまでじっと耐えるしかない?

阪神は本当に選手層があついのか

 阪神は選手層が厚いと言われていたが、そうでもなさそうだ。実際、狩野選手以外の若手台頭はなく、投手陣もリリーフの藤川、ウィリアムス以外の投手との格差が大きい。追加点を与えると、その試合の勝負が決まってしまう場面で踏ん張りきれず、失点を重ねている場面が目立つ。将来、阪神の主力選手のピークが過ぎたときにどうなるのか、この7連敗はそういうことも心配になってくる連敗だ。
 最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ、このボタンをクリックお願いします。
 

 
posted by 競阪神 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。