2007年04月25日

「期待通り」の活躍を見せる井川 今の井川に期待はずれという言葉はあてはまらない

競阪神のひとりごと HOME > 野球 > 「期待通り」の活躍を見せる井川 今の井川に期待はずれという言葉はあてはまらない
★人気チケットをGETするならPIAカード!★
 今シーズン、念願だったメジャーリーグ移籍を実現させた井川慶投手。しかし阪神時代同様、投げてみなければ調子が分からないのは相変わらずで、4試合に登板して1勝1敗、防御率は7.84と惨憺たるものである。もうタイガースの選手ではないので、とやかく言いたくないが、元タイガースのエースが失態をさらしているので、触れておくことにする。


今の井川の成績は予想通り 相変わらず多い被本塁打

 今の井川投手の成績を「期待はずれ」だという人もいるかもしれないが、それは間違いである。ヤンキースは井川投手の交渉権を獲得するのに30億円もの大金を費やしたので、ヤンキースが今の状態を期待はずれというのは理解できる。しかし、こうなることはある程度予想できたことであり、私にとっては期待通りである。期待通りという言葉が悪いなら、予想通りである。逆に、メジャーで快刀乱麻の投球をし、メジャーで連戦連勝、毎試合完封し続けているほうが「期待はずれ」である。阪神時代はやる気のないような表情で投球していたと思われても仕方のない表情を見せることもあったが、メジャーにいっても相変わらずという状態なので、何も阪神時代に手を抜いていたわけではないということが分かって、ある意味ホッとしているのだが。

 以前、井川投手がメジャーで活躍できるかどうかは、被本塁打をいかに減らすかがカギだということを述べたことがあったが、その課題が克服できていない。井川投手は4試合に登板し、20回2/3イニングで被本塁打5、4イニングに1本はホームランを打たれていることになる。被本塁打率を計算すると、2.18本となる。先発として安定した成績を挙げるには、この被本塁打率を0本台に抑えないと厳しい。2本台というのでは話にならない。

もし井川が日本球界に復帰した場合

 気が早い話だが、もし井川投手がこのまま不甲斐ない投球を続けていれば、あっさり放出ということもありうる。さすがに今季に放出ということはないだろうが、来季以降は分からない。アメリカの球団で取るところがなければ、日本球界に復帰ということもありうる。そうなると古巣である阪神も獲得に名乗りを挙げる可能性は十分にある。その場合、阪神は絶対に2億とか3億といった良い条件を提示してはならないということである。5000万程度に抑えるべきである。

 過去にアメリカ帰りの選手で、好条件を出しすぎて失敗した例がいくつかある。最近は中村紀洋選手だ。オリックスは2億5000万という破格の条件を提示したが、肝心の成績は全く振るわなかった。すると球団側は大幅なダウン提示をしたが、中村選手は納得できず、結局退団という最悪な結末を迎えてしまった。

 井川投手も中村選手も過去には素晴らしい実績があるが、今活躍できるかどうかは別である。全盛期を過ぎたかもしれない選手で、活躍できるかどうか分からない選手に何億もの大金を費やすのは正気の沙汰ではない。阪神はアメリカ帰りの井川投手と契約しても良いが、初めから好条件を出すのではなく、活躍すれば上がるような契約をするべきだ。もし、それで決裂して巨人にでも取られるのならそれでも良い。メジャー帰りの選手というだけで好条件出すのでは、他の選手の士気にも影響する。

 もしこのようになった場合、阪神には良識のある行動をお願いしたい。
にほんブログ村 野球ブログへ
 最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ、このボタンをクリックお願いします。
 

 
posted by 競阪神 at 20:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 野球



この記事へのコメント
確かに井川は完投能力はありますが、勝率と言う面ではさほどでもない投手です。
2003年は20勝5敗の好成績でしたが、それ以外は10〜15勝しても、10敗前後はしています。
つまりプラス1勝で1千万の価値なら妥当でしょう。
何故彼は勝率が低いのか?
それは案外コントロールが無い投手なんでしょう。
大リーグで活躍する投手を見れば、細かなコントロールと、高低さの使い分けが鍵になります。
井川の直球とチェンジアップでは通用しないでしょう!
それを生かすには細かなコントロールがあってこそ。
彼もようやく阪神の有難さが理解出来たんではないでしょうか?
彼が日本球界に復帰して、阪神を希望するなら喜んで迎えますが、マネーゲームに走るなら断然拒否します。
しかし虎のエースと呼ばれた男が、このまま終わって欲しくないですね!
頑張って大リーグでも通用する投手になって欲しいですよ。
Posted by 虎虎虎 at 2007年04月28日 23:17
虎虎虎さん、コメントありがとうございます。

早くもローテーションから外されるようですね。おっしゃるとおり、井川投手は阪神時代から逆球が多く、コントロールはあまり良いとは思えませんでしたが、2002年や2003年が素晴らしかったのは、それでも球がキレていたからだと思います。そのキレが今はないように思えます。

マネーゲームに走るなというご意見には同感です。このまま終わってほしくないというのも同感ですが、メジャーで大きくなって阪神に復帰というのが理想です。もっとも、メジャーで大活躍すれば、帰ってくることはないでしょうが。
Posted by 競阪神 at 2007年04月29日 10:34
今日は急遽の登板であったのに、6回を無失点。
勝ち投手になったようです。
予想を裏切るところが、井川らしいですね〜
(*^▽^*)
しかしチェンジアップのすっぽ抜けが多く、良い時の井川ではなかったですね。

Posted by 虎虎虎 at 2007年04月29日 15:14
虎虎虎さん、またまたコメントありがとうございます。

悪いピッチングをしたかと思えば、突然良いピッチングをしたりと、つかみどころがないのは阪神時代からですね。逆もまた然りで、復調かと思えば、期待を裏切ったこともよくありました。ですので、次回の登板が大事でしょう。
Posted by 競阪神 at 2007年04月29日 15:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40026663

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。