2007年04月22日

阪神ー巨人6回戦観戦記

競阪神のひとりごと HOME > 野球観戦記 > 阪神ー巨人6回戦観戦記
★人気チケットをGETするならPIAカード!★
レフトスタンド最上段からグラウンドを望む 阪神ー巨人戦を観戦に行ってきました。レフトスタンド最上段からの観戦です。試合内容は思い出したくもない結果になってしまいました。

勝負を分けた2回表2死2,3塁の場面

 1回表から阪神の先発、小嶋投手が2死1,2塁のピンチを招きますが、二岡選手のピッチャー返しを見事に捕球し、切り抜けます。逆に阪神も2死1、2塁のチャンスを作りましたが、今岡選手が凡退し、得点が入りません。

先発の小嶋 そして2回表、阪神は大ピンチを迎えます。3連打で無死満塁のピンチを迎えますが、幸いなことに打者は投手の高橋尚成投手。どのような攻撃をするか注目していましたが、あっさりと1→2→3の併殺打を打ってくれて2死2,3塁になります。

 まさか、ここで小嶋投手がホッとしたわけではないでしょうが、次の高橋由伸選手に先制2点タイムリーを打たれます。結果的にこの失点が大きく響きました。もし、無死満塁のピンチを無失点で切り抜けることができれば、阪神側に流れがいっていただけでなく、巨人ベンチは嫌な雰囲気になり、その後の試合展開が大きく変わっていたと推測出来ます。それだけに高橋選手のタイムリーは阪神にとっては2点以上に重みのある失点でした。

疑問のある4回裏の岡田監督の采配

 小嶋投手は3回3失点で前半戦で早々と交代。2番手は福原投手が登板します。

 4回裏、今岡選手の2塁打でチャンスを作り、矢野選手のタイム リーで1点を返します。さらに次の関本選手もヒットでつなぎ、1死1,3塁のチャンス。ここで投手の福原投手に打順が周ってきます。当然、代打と思いきや、そのまま福原投手を打席に立たせます。結局、三振、次の鳥谷選手も倒れ、阪神は1点に終わります。

 なぜ、福原投手に代打を送らなかったのか、非常に疑問がありました。まだ4回ということもあり、回も浅かったとはいえ、相手は調子の良い高橋尚投手。そんなに多くチャンスを作れるとは考えづらく、一気に同点、あるいは逆転を狙ってほしかったのですが、岡田監督はそのようにはしてくれませんでした。2回表同様、試合のキーポイントになった場面だったと思います。

狩野選手が本塁打を放つ活躍

ラッキー7 その後も阪神は良いところがなく、被安打17、10失点で3-10の完敗を喫しました。唯一の救いは途中出場の狩野選手が9回裏2死から2ランホームランを打ってくれたことです。狩野選手はこの巨人との3連戦では大活躍でしたが、今日も最後の最後で活躍してくれました。ポスト矢野として楽しみな選手が出てきました。

 しかし、今日の試合は選手、監督ともに冴えが見られず、残念な試合になりました。これで勝率5割を切りましたが、もっとしっかりしてもらいたいものです。
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
 最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ、このボタンをクリックお願いします。
 

 
posted by 競阪神 at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(1) | 野球観戦記



この記事へのコメント
こんばんは、お邪魔します。
とてつもない試合を観戦されましたね。。。4回の福原の件、同じ意見です。ま、福原はよく打席で粘りましたけどね。
どうも色々とチグハグしてる感じで、このままでは2強4弱になってしまいそうなセ界が心配です。
Posted by chappy at 2007年04月23日 00:13
あの場面、当然福原に代打狩野と思っていました。
1死1・3塁で負けてる場面で、打席に投手なら、当然でしょう!
呆れて言葉も出ませんでした。
その後の投手起用も疑問だらけ。
勝つ気があるのか? と言いたいですね。
Posted by 虎虎虎 at 2007年04月23日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39697173

この記事へのトラックバック

対読売6回戦(聖地観戦) 疑問だらけの岡田采配!
Excerpt: [画像] 阪神3−10読売 読 売 021040030=10 阪 神 000100002=3 対読売6回戦(阪神2勝4敗) 【投手】 読売=○高橋尚(4勝0敗)−門倉 阪神=●小嶋(2勝2..
Weblog: 虎虎虎
Tracked: 2007-04-23 00:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。