2007年01月12日

オリックス・中村の退団が正式決定

競阪神のひとりごと HOME > 野球 > オリックス・中村の退団が正式決定
★人気チケットをGETするならPIAカード!★
 今年に入ってオリックスの話題ばかりになってしまっているが、今晩また暗いニュースが入ってきた。交渉が難航していたオリックスの中村紀洋選手の退団が正式の決定した。中村選手は「今後はトレードか自由契約になると思う」と話した。

 現段階で中村選手の獲得に名乗り出る球団として、一部の報道で西武の名前が挙がっているが、すんなり入団できるかは疑問の残るところ。ニッカンスポーツの記事で中村選手は「行き先がなければ浪人します。海外には行きませんが、妻は『日本で駄目なら、どこへでも行って挑戦すればいい』とまで言ってくれている」、「実戦カンが鈍るのが心配ですが、バッティングセンターで打ち込んで、プロ野球中継を見てボールへの目慣らしは続けます。データ研究もします。どんな状況になっても僕は野球はやめません」と語り、最悪の場合浪人も覚悟し、今秋のトライアウトを受ける意向を示している。

 過去、浪人して成功した例として南海、ダイエー、近鉄に在籍した山本和範(カズ山本)選手がいる。山本選手は1976年近鉄にドラフト5位で入団したが、1982年解雇される。その後、バッティングセンターでアルバイトをしながら練習を重ねた。その努力が実り、翌1983年南海に入団する。そこから山本選手は南海、ダイエーの主力選手として活躍し、晩年は古巣である近鉄にも在籍した。通算1618試合、1400安打、175本塁打、669打点の成績を残した。

 山本選手は最初に入団した近鉄では全く活躍できなかったため、解雇された後でも「なんとしてももう一度プロでやりたい」とハングリー精神もあったのが成功の一因となったと個人的には思う。中村選手もバッティングセンターで打ち込んで練習するようだが、山本選手と同じようなことができるか疑問だ。というのも、中村選手はかつて本塁打王1回、打点王2回獲得し、年俸も5億円にものぼるという栄光の時代もあった。そのため、チャレンジ精神やハングリー精神もあまりあるとは考えにくく、途中で気持ちが萎えてしまう可能性が高い。マイナーリーグでの生活を「罰ゲーム」と言ったこともあり、バッティングセンター通いに耐えられるかどうか大いに疑問だ。

 たとえしっかりとした気持ちを持ち続け、無事トライアウトを受けることができても獲得する球団があるか、これまた大いに疑問だ。中村選手も認めている通り、いくら練習をしていても練習と試合は全く違うため、実践勘が鈍ることは避けられない。このまま寂しく引退という可能性は非常に高い。このまま引退となれば、あまりにも残念だし、悲しすぎる。オリックスと契約したほうが浪人するよりもよいと思うのだが。今後の動向に注目したい。
 最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ、このボタンをクリックお願いします。
 

 
posted by 競阪神 at 20:14 | Comment(2) | TrackBack(3) | 野球



この記事へのコメント
TBS系列バース・デイと言うアスリートに注目したドキュメンタリー番組が放送していました。

この日はプロ野球のトライアウトを取り上げていました。元広島 福井選手 元ソフトバンク 宮地選手

福井選手『巨人時代』井川キラーとして主に清原の代役として勝負強いバッティングが持ち味でした,宮地選手は去年トライアウトで合格し,打率3割ベストナイン,カムバック賞を受賞しましたが、ヤンキースの松井同様捕球を誤り手首を怪我し今シーズンを棒に振りました。

年俸がどうだこうだ言える人は幸せだと思います。福井選手は巨人に戦力外通告をされた投手と合同練習していました。
トライアウトで福井選手は不合格.練習相手の投手は合格。皮肉なことに福井選手に戦力外を通達した広島でした。

結局 福井選手は現役引退 宮路選手は四国アイランドリーグの選手兼任コーチとして再出発するようです。
中村選手は、野球が出来れば何処でもやると言いましたが,2回あったトライアウトには参加せずあくまでもトレード移籍を希望していました。

一時期 ロッテが年俸1000万円でなら契約すると言うニュアンスが報道されましが、数日後には白紙になりました。
あくまでも新聞報道ですので何とも言えませんが、もしこの記事が事実なら中村ノリはせっかくのオファーを蹴った事になります。

『言っている事と遣ってる事が違うと思います』

Posted by ヨシタカ at 2007年01月21日 02:34
ヨシタカさん、いつもコメントありがとうございます。

本当にお金が問題じゃないというなら、オリックスと契約するべきだと思います。他の球団でも中村選手のケガを公傷と認めてくれるかどうか分かりません。

中村選手の言い分も分かります。ケガであまり出場できなかった清原選手が現状維持で、清原選手よりも成績が良かった(といってもかなり低いレベルですが)中村選手が1億2000万円ダウンというのは本人の気持ちになれば納得できないというのは分かります。しかし、同情の声があがらなかったのは2002年オフのFA騒動のときに態度があまりにも悪すぎたためです。因果応報という言葉がそのまま当てはまったしまった感じです。

野球が続けられるかどうか分からない選手のほうが多い中、年俸がどうこう言える選手は幸せですが、高い年俸をもらっている選手はその分大きな責任を背負うことにもなります。期待を裏切れば批判にさらされますし、大きな年俸ダウンも避けられません。今、好成績を挙げられれば大幅アップも望めますが、その分ダウン幅も大きくなっています。アップが青天井なのにダウンは制限があるのでは年俸は高止まりし、球団経営は破綻してしまいます。もちろんある程度のダウン制限は必要でしょうが。

中村選手はこのまま終わるには惜しい選手なので、なんとか再起してほしいですね。
Posted by 競阪神 at 2007年01月21日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ノリ 交渉決裂でオリックス退団決定!!
Excerpt: オリックスの中村紀洋内野手、通称ノリ。 契約更改がもめているのは誰もが知っているだろう。 5回目の契約更改ではノリの代理人側から退団の申し入れをした。 しかし、その日の夜にノリは記者会見を開きそれを..
Weblog: ひとりの独り言
Tracked: 2007-01-12 22:21

早く辞めてしまえ ノリ!!
Excerpt: オリックスの中村紀洋内野手、通称ノリ。 契約更改がもめているのは誰もが知っているだろう。 5回目の契約更改ではノリの代理人側から退団の申し入れをした。 しかし、その日の夜にノリは記者会見を開..
Weblog: ひとりの独り言(別館)
Tracked: 2007-01-12 22:22

迷走、偽バファローズ!
Excerpt: 色々とおかしい方向に傾きまくっている偽バファローズだが、今オフも長田&鴨志田と言う不釣り合いな交換要員による幹部候補生・松田記者の巨人放出に始まり、ガルシアの解雇,前川の無免許運転&轢き逃げ事故、追い..
Weblog: ANQ Ritzberry Fields
Tracked: 2007-01-14 16:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。