2006年11月15日

松坂はレッドソックスが交渉権獲得

競阪神のひとりごと HOME > 野球 > 松坂はレッドソックスが交渉権獲得
★人気チケットをGETするならPIAカード!★
 松坂大輔投手をどのチームが落札するか注目されていたが、ボストン・レッドソックスが5111万1111ドル11セント、日本円で約60億円で独占交渉権を獲得した。これまでの最高は2000年のイチロー選手で1312万5000ドル、当時のレートで約14億円で、松坂投手はイチロー選手の落札額を約4倍も上回る破格の金額となった。

 松坂投手のポスティングが締め切られた後、日米両球団ともなかなか落札球団を発表しなかったため、情報が錯綜した。「伏兵のレンジャーズが落札したのではないか」といった情報が流されたり、落札金額も「最高額があまりにも安かったため、西武球団が受諾するか迷っている」といった情報もあった。結局レッドソックスが落札したが、落札額があまりにも破格だった。毎年大型補強をするライバルのヤンキースに「これ以上ヤンキースにいい選手は取られたくない」という思惑が、レッドソックスに60億円もの投資をさせたのだろう。

 西武の2005年度の選手総年俸が約22億円だったので、今回の落札金だけで3年分まかなえてしまうという、ものすごい金額を松坂投手1人で稼いでしまった。ポスティングは球団にとってはある意味おいしい制度である。これで味をしめて、今後球団が簡単に選手をメジャーに売ってしまわないか心配である。

 落札額はそのまま松坂投手への期待の表れでもある。当然先発ローテーションに入り、最低でも15勝は期待される。松坂投手には相当なプレッシャーが掛かるはずである。ボストンのファンは気が荒いことで知られているそうで、活躍できなければ辛らつな批判にさらされる。西武のチームメートでもあった松井稼頭央選手が期待された活躍ができず、同じく厳しいことで知られるニューヨークのメディアにさんざんこき下ろされた。エース級の投手がメジャーに行ってもほとんど活躍しているので、プレッシャーに負けなければ2ケタは勝てると思うのだが。

 レッドソックスのライバルであるヤンキースには松井秀喜選手がいる。来シーズン、松井対松坂の対決はかなりの注目を集めるのは間違いない。ちょっと楽しみである。
 最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ、このボタンをクリックお願いします。
 

 
posted by 競阪神 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。