2006年06月24日

ちょっと甘すぎないか 日本代表帰国

競阪神のひとりごと HOME > その他のスポーツ > ちょっと甘すぎないか 日本代表帰国
★人気チケットをGETするならPIAカード!★
 サッカー日本代表が本日帰国した。1勝もできなかったにもかかわらず、新聞報道などでは歓迎ムードだったとのこと。いくらなんでも甘すぎるのではないかと思うのだが。

 本当に良いサポーターやファンというものは、良いときは拍手喝采を送り、悪いときには厳しいことも言うものだと私は思う。昨年の野球のアジア選手権でのこと、ロッテのファンはあっさり三振した味方の打者に対してブーイングをしていた。選手に対して「もっとしっかりしろ」というメッセージだろう。ロッテのファンは素晴らしいといわれるが、良いプレーに対しては賞賛し、無気力なプレーをした選手には怒りを表明するというように、愛しているからこそ時には耳の痛いことも言わねばならないことを分かっている。

 それに比べて日本代表のサポーターは、すべての人がそういうわけではないだろうが、勝っても負けても優しすぎるのだ。「ドーハの悲劇」のときはまだそれでもいい。日本はまだ「弱者」だったからだ。しかし、日本はアジアではサッカー強豪国でワールドカップ常連国になりつつある。もう「弱者」ではないはず。これから「強者」に生まれ変わるにはサポーターの後押しも必要だが、甘やかしてばかりでは絶対に「強者」にはなれない。

 98年のフランス・ワールドカップで帰国した城彰二選手が水をかけられた事件があった。外国では卵を投げつけられたりもするそうだが、こういうことは絶対に許されない。しかし、愛しているからこそあえて厳しいことも言う必要があるのではないか。子供を甘やかしてばかりいる親が良い親だというだろうか、またその子供がまともな人間に育つだろうか。ワールドカップに出場している選手たちはプロである。プロというのは結果が求められる。ワールドカップはオリンピックのように参加することに意義があるというわけではない。勝たねばならないのだ。

 日本が強くなるには選手だけでなくサポーターの力も必要だ。本当に強くなってほしければ、厳しい目を向けていかなければならない。そのためには時には厳しいことも言っていかねばならないと思うのだが。
 最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ、このボタンをクリックお願いします。
 

 
posted by 競阪神 at 20:28 | Comment(2) | TrackBack(1) | その他のスポーツ



この記事へのコメント
>悪いときには厳しいことも言うものだと私は思う
私もそう感じます。
野球でも同じですが、良いプレーには喝采を贈り、逆に悪い時にはブーイングも有です。
最近では選手に批判する事じたい、悪い事かのような風潮です。
チャラチャラしたファンでは選手も育ちません。
愛するが故に厳しく接する事も必要です。
強くなって欲しいから苦言も言います。
それが本当のファンでしょう!
チャラチャラしたファンは良いときは応援しますが、悪くなれば冷めて逃げて行きます。
そう言うもんです。

ところで明日はライトスタですか?
私はイエローアルプス寄りです。
銀傘が無いので雨が気掛かりです。
井川の好投に期待しましょう!

Posted by 虎虎虎 at 2006年06月24日 21:42
コメントありがとうございます。

週刊文春の記事でサッカージャーナリストの金子達仁さん(熱烈な阪神ファンだそうです)が言っていたことですが、野球は常にファンやマスコミに厳しい視線にさらされていて、だめな選手は淘汰されます。だからこそ、WBCで日本はチャンスで打つことができ、優勝できたのですが、サッカーは注目度が低いため実力以上に評価される傾向にあるようです。だから、だめな選手でも淘汰されにくいようです。強くなってほしければ、厳しい目線を向けていかねばなりません。

明日なんですが、席は3塁側オレンジシートです。詳しい場所は友人がチケットを持っているため、分かりませんが、雨が心配ですね。
Posted by 競阪神 at 2006年06月24日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

川淵会長失言?それとも追及逃れ?
Excerpt: 総監督として「オシム」が、あっ、オシムと言っちゃったね…。 いつも冷静な川渕さん、めずらしく失言しましたね。 W杯惨敗の心労から? と言うのが妥当な感想でしょうか。でも何だかものすごいグッド..
Weblog: ぱるぷんて海の家
Tracked: 2006-06-25 12:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。