2006年04月16日

甲子園に行ってきました

競阪神のひとりごと HOME > 野球観戦記 > 甲子園に行ってきました
★人気チケットをGETするならPIAカード!★
甲子園のグランドの様子

甲子園のグランドの様子  本日16日、甲子園球場に阪神-広島戦を観戦に行ってきました。チケットは@電子チケットぴあで取りました。思っていたよりも楽に手に入れることができました。

 試合は午後2時開始でしたが、今年から甲子園球場では手荷物検査が実施されることになったので、午後0時30分ごろに着くようにしました。混雑しているかと思いましたが、試合までまだ時間があったためか、すんなり入ることができました。甲子園にお越しになる予定のある方は、早めに入場されることをお勧めします

スコアボードが故障中です 試合開始前にスコアボードが故障してしまうハプニングがありました。右側の電光掲示板に何も表示されていません。このため、いつもスターティング・オーダーを表示しているところをスコアボード代わりに使っていました。しばらくこの状態が続きましたが、途中から正常に戻りました。

 さて試合ですが、1回裏に阪神がヒットとフォアボールでいきなり一死満塁のチャンスを迎えます。バッターは今岡誠選手。絶好のチャンスでしたが、併殺打で1点も取れませんでした。

甲子園では肩身の狭い思いをして応援するカープファン  広島も2回表、無死1、3塁のチャンスを迎えますが、浅い外野フライと併殺打でチャンスをつぶします。

 2回裏、先頭の浜中治選手がレフトへ先制ソロホームランを打ち、一気に盛り上がりました。しかし、その後は広島は黒田博樹投手が、阪神は江草仁貴投手の踏ん張りで得点が入りません。特に6回裏の阪神は一死満塁の大チャンスを作りますが、今岡選手がまた併殺打を打ってしまい、チャンスをつぶしてしまいました。これが後に大きく響いてしまいます。

 そして9回表、それまで広島打線を3安打に抑えていた江草投手が打たれます。代打の福井選手にヒットを打たれると、続く緒方選手に2塁打を打たれ、無死2、3塁のピンチに。次の梵選手の代打に前田選手が起用され、犠牲フライを打たれて同点に追いつかれます。続く嶋選手にも犠牲フライを打たれ、ついに土壇場で逆転を許します。

試合終了  同点に追いつきたいところでしたが、9回裏の攻撃はあっさりと3人で終わってしまいゲームセット。2-1で負けました。試合後の感想としては、2度の満塁のチャンスで今岡選手の大ブレーキが一番の敗因だと思いました。あそこで、最低でも2回犠牲フライを打っていれば、勝てた試合でした。こういうこともあるでしょうが、最近は勝てる試合を落とすケースが多く、もったいないことをしていると思います。勝てる試合は確実に勝てるようにしてもらいたいものです。
 最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ、このボタンをクリックお願いします。
 

 
posted by 競阪神 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦記



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。