2005年12月25日

選手の気持ちを全く考えていない主催者

競阪神のひとりごと HOME > その他のスポーツ > 選手の気持ちを全く考えていない主催者
★人気チケットをGETするならPIAカード!★
 フィギュアスケートの全日本選手権で、採点ミスで当初、織田信成選手が優勝と発表されていたが、表彰式後に高橋大輔選手が優勝と発表となり、前代未聞の事態が起こった。コンピューターのプログラムミスで織田選手の演技が減点されていない部分があったという。

 あってはならないミスが起こった。織田選手の受けたショックは計り知れない。この大会はトリノオリンピック代表選考も兼ねており、この結果、高橋選手のオリンピック出場がほぼ確実になった。高橋選手も言っているが、素直に喜べる状況ではない。本人に過失は全くないが、世間にはやはり色眼鏡で見る人もいる。本人もきっちりした形でオリンピックに行きたかったはずだ。この結果は織田選手だけではなく、優勝した高橋選手にも大きな精神的な傷を負わせたといえる。

 プロ野球の高校生ドラフトでも同じようなミスがあった。陽選手は意中のソフトバンクに指名され喜んでいたが、手違いで日本ハムが交渉権を獲得したと後で発表された。選手にとって一生を左右するドラフトで、あまりにも軽すぎる扱いに世間から批判を浴びた。コミッショナーのふざけたような発言もあった。

 スポーツではないが、東証でもシステムのトラブルが続出している。日本スケート連盟も東証や耐震構造偽造問題のように、他に責任をなすりつけるつもりなのか。それは絶対に許されない。
 最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ、このボタンをクリックお願いします。
 

 
posted by 競阪神 at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他のスポーツ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

表彰式後に優勝逆転:男子フィギュア
Excerpt:  「ついにやりました{/abanzai/}。ご先祖様、信長様、フィギュア全日本選手権を制しました。あなたの手の中から思いもかけずに滑り落ちたあの”天下統一”。不肖この信成が見事手にしましたぞ!」  キ..
Weblog: おもしろニュース拾遺
Tracked: 2005-12-25 18:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。