2006年06月の記事
2006年06月30日

阪神が死に体の巨人相手に久々の2ケタ得点

 阪神が巨人に11-0で圧勝し、今月19敗目と10連敗喫しさせた。阪神は5月5日の横浜戦で13−11で勝って以来、約2ヶ月ぶりとなる2ケタ得点での快勝だ。もどかしい試合を続けていた阪神だが、今日は本当に良い勝ち方をした。阪神は本塁打以外での得点も6月25日のヤクルト戦以来で、これまた久々に打線がつながった。

「阪神が死に体の巨人相手に久々の2ケタ得点」の続きを読む

posted by 競阪神 at 21:44 | Comment(4) | TrackBack(5) | 阪神タイガース
2006年06月29日

アリアスを獲得で新たな火種が生まれる巨人

 今日の横浜戦も負け、月間18敗を喫した巨人。まさにどん底の状態だが、00年から04年までオリックス、阪神に在籍したジョージ・アリアス選手を獲得することが決まった。原辰徳監督は「勝負強い打撃は心に残っている」とコメントしているが、どうもそうは思えない。社交辞令なのだろうが、アリアス選手の獲得で巨人に新たな火種が生まれそうな気がする。

「アリアスを獲得で新たな火種が生まれる巨人」の続きを読む

posted by 競阪神 at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
2006年06月28日

もどかしい攻撃に戻ってしまった阪神 その理由をデータで読み解く

 27日の福井での広島戦は、1-2とリードされた土壇場9回2死から矢野輝弘選手が起死回生の同点本塁打で同点に追いつき、延長戦で引き分けに持ち込んだ。首位の中日が負けたということで、9分9厘負けていた試合を引き分けに持ち込んだことは大きいが、リーグ戦が再開されてから、またしてももどかしい試合を続けてしまっている。

「もどかしい攻撃に戻ってしまった阪神 その理由をデータで読み解く」の続きを読む

posted by 競阪神 at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース
2006年06月26日

阪神・今岡が手術 出て来い若虎

 いつもなら、F1開催があった次の日はF1の記事を書いているのだが、今回のカナダGPも特に見るべきところもなかったので、今回はパス。いつも通り、ルノーのフェルナンド・アロンソが優勝。これで4戦連続ポール・トゥ・ウィンだ。せめて鈴鹿までチャンピオン争いを持ってきてくれというのが、私の願いだ。

「阪神・今岡が手術 出て来い若虎」の続きを読む

posted by 競阪神 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース
2006年06月25日

ようやく勝利の美酒に酔うことができました

ラッキー7の様子  25日の甲子園での阪神-ヤクルト戦を観戦してきました。雨の中の試合でしたが、なんとか9回までもってくれました。先発の井川慶投手は今日は調子がよく、1回をいきなり三者連続三振という素晴らしい立ち上がりでした。

「ようやく勝利の美酒に酔うことができました」の続きを読む

posted by 競阪神 at 23:49 | Comment(1) | TrackBack(5) | 野球観戦記
2006年06月24日

ちょっと甘すぎないか 日本代表帰国

 サッカー日本代表が本日帰国した。1勝もできなかったにもかかわらず、新聞報道などでは歓迎ムードだったとのこと。いくらなんでも甘すぎるのではないかと思うのだが。

「ちょっと甘すぎないか 日本代表帰国」の続きを読む

posted by 競阪神 at 20:28 | Comment(2) | TrackBack(1) | その他のスポーツ
2006年06月23日

阪神はW杯に弱いのか その2 ジンクスを打ち破れ

 交流戦が終わりレギュラーシーズンが始まったが、阪神はヤクルトに4-7の敗戦。ワールドカップで日本代表はブラジルに1-4で負け、グループリーグ敗退が決まったが、阪神はワールドカップが開催される年にはアクシデントが付きまとう過去の歴史が・・・。

「阪神はW杯に弱いのか その2 ジンクスを打ち破れ」の続きを読む

posted by 競阪神 at 23:06 | Comment(1) | TrackBack(3) | 阪神タイガース
2006年06月22日

阪神・久保田、今岡が登録抹消

 オリックス戦で右手首に死球を受け、その後の試合を欠場していた今岡誠選手が回復が思わしくないため、登録を抹消された。今岡選手の登録抹消はある程度予想できたが、久保田智之投手までも抹消された。21日にベビーカーから落ちそうになった久保田投手の娘さんをかばおうとして右手甲を強打、骨折が判明した。このため前半戦の出場が絶望となった。

「阪神・久保田、今岡が登録抹消」の続きを読む

posted by 競阪神 at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(3) | 阪神タイガース
2006年06月20日

交流戦終了 阪神がロッテにリベンジ

 阪神が交流戦全日程を終了。最終戦のロッテ戦で2-0の完封勝ちを収め、対戦成績を5勝1敗とした。これで日本シリーズからの勝敗を5勝5敗の5分とした。昨年の日本シリーズで悔しい思いをしただけに、まずは交流戦でリベンジを期待したのだが、まさか5勝もしてくれるとはうれしい誤算だ。ロッテは交流戦で13敗しているが、そのうち5敗が阪神に喫したものだ。ロッテは他のセ・リーグのチームからは平均して2敗していないのだから立派だ。

「交流戦終了 阪神がロッテにリベンジ」の続きを読む

posted by 競阪神 at 21:44 | Comment(2) | TrackBack(2) | 阪神タイガース
2006年06月19日

3度目の正直も実らず 今度こそ六甲おろし唄わせてや

大阪ドーム  18日に大阪ドームへオリックス-阪神戦を観戦してきました。結果を言えば1-5の完敗。矢野輝弘選手の本塁打で先制する幸先の良いスタートでしたが、それ以降はあまり見せ場もありませんでした。3安打ではどうしようもありません。そして、観客席では5回裏に修羅場が・・・。

「3度目の正直も実らず 今度こそ六甲おろし唄わせてや」の続きを読む

posted by 競阪神 at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 野球観戦記
2006年06月18日

ダーウィンの姿勢に拍手 阪神4カードぶりの同一カード勝ち越し

 17日のオリックス戦で阪神は5-1で快勝。17日に登録されたクリス・オクスプリング投手が6回1失点の好投を見せれば、打撃陣も林威助選手の2打席連続本塁打などで5得点を取る活躍であった。最近の阪神は先取点を取られることが多かったが、オリックス戦は2試合連続で先制点を取っており、良い展開で試合を進めることができている。

 オクスプリング投手が一軍登録された一方で、開幕からジェフ・ウィリアムス投手の穴を埋めてきたダーウィン・クビアン投手が外国人枠の関係で登録を抹消された。

「ダーウィンの姿勢に拍手 阪神4カードぶりの同一カード勝ち越し」の続きを読む

posted by 競阪神 at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース
2006年06月17日

金本を見習わせたい横浜・多村

 4月9日に連続試合フルイニング出場の世界記録を更新した阪神の金本知憲選手。金本選手はその後、フライを取る際に取り損ねて突き指をするアクシデントがあったが、いまだにフルイニング出場を続けている。まさに鉄人だが、その対極にいる選手がいる。横浜の多村仁選手である。まさに「ケガのデパート」状態で、1年中何らかのアクシデントに見舞われて試合を欠場しているのだ。

「金本を見習わせたい横浜・多村」の続きを読む

posted by 競阪神 at 16:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野球
2006年06月15日

阪神3カード連続負け越し 今こそ基本の徹底を

 最近、阪神は重苦しい試合が多すぎる。15日の楽天戦に負け、阪神は3カード連続の負け越し決定。打線が湿りっぱなしなのは14日の19残塁が象徴しているが、最近気になるのは投手があっさりと先頭打者に四球を与えることだ。しかもその四球がほとんど失点につながっている。投手陣の先頭打者に対する意識が低すぎる。

「阪神3カード連続負け越し 今こそ基本の徹底を」の続きを読む

posted by 競阪神 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース
2006年06月14日

阪神がトリプルプレーを完成 何とか楽天に勝つ

 阪神が6回裏無死1,2塁の場面で、打者の沖原佳典選手がバントをした打球が捕手の矢野輝弘捕手の前に小フライを打ち上げた。この打球を矢野捕手をわざと落とし、6,4,3のトリプルプレーを完成させる頭脳プレーを見せた。

 ピンチを一瞬のうちに摘み取った阪神だが、なかなかチャンスであと一打がでない。延長10回になんとか2点を勝ち越したが、今岡誠選手が併殺崩れの間の1点と桧山進次郎選手の止めたバットに当たった打球が3塁前のボテボテのゴロによる内野安打による1点で、かなり不満の残る試合だった。特に無死や一死3塁の場面で犠牲フライも打ち上げられないというのは、情けないとしか言いようがない。

「阪神がトリプルプレーを完成 何とか楽天に勝つ」の続きを読む

posted by 競阪神 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(3) | 阪神タイガース
2006年06月13日

アロンソにマジック点灯

 プロ野球風に言えば、ルノーのフェルナンド・アロンソにマジックが点灯した。F1イギリスGPはアロンソがポール・トゥ・ウィンを決め、今シーズン5勝目。ポイントを74ポイントに伸ばし、2位に入ったフェラーリのミハエル・シューマッハとのポイント差を23に広げた。  残りは10戦残っているが、シューマッハが全勝すれば151ポイントになるが、アロンソがすべて2位に入れば154ポイントとなり、シューマッハの自力でのチャンピオンがなくなった。このため、アロンソは152ポイント以上取ればチャンピオンになれるため、マジックは78となる。

「アロンソにマジック点灯」の続きを読む

posted by 競阪神 at 21:16 | Comment(4) | TrackBack(2) | F1
2006年06月12日

阪神が首位奪回 巨人は幻の本塁打でロッテに全敗

 阪神は日本ハム戦、西武戦をともに1勝2敗の成績ながら首位に返り咲き。これも中日、巨人の両チームが「お付き合い」をしてくれていたからで、本当に運が良いとしか言いようがない。交流戦独特の現象だろう。これが同一リーグ同士の対戦なら、2、3ゲームは離されていたはずだ。

 その一方で巨人はイ・スンヨプ選手が本塁打を放ちながら、1塁ランナーの小関竜也選手が3塁ベースを踏み忘れ、本塁打を取り消される珍事があった。

「阪神が首位奪回 巨人は幻の本塁打でロッテに全敗」の続きを読む

posted by 競阪神 at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース
2006年06月10日

阪神はW杯に弱いのか 2カード連続負け越し

 阪神は9日につづき、10日の西武戦も1-6で敗れた。9日は松坂大輔投手が投げては9回を1失点完投、打ってはプロ入り初の本塁打を放つ大活躍で、1-10の完敗であった。松坂投手は元々打撃センスも抜群で、高校時代はクリーンアップを打っていた。地方大会でも本塁打を放っていたが、プロ入りしてからはパ・リーグということもあり打席に立つ機会がないので、打撃で活躍しているシーンは見られなかった。

 心配なのは阪神である。これで2カード連続で負け越しが決まった。中日も巨人も負けてくれたのが唯一の救いである。最近こういうことが多いが、いつもでも付き合ってはくれないだろう。まだワールドカップは始まったばかりであるが、阪神はワールドカップのある期間は弱いのだろうか。

「阪神はW杯に弱いのか 2カード連続負け越し」の続きを読む

posted by 競阪神 at 22:39 | Comment(3) | TrackBack(7) | 阪神タイガース
2006年06月09日

マリナーズ・イチローが驚異的な速さで2500本安打を達成

 マリナーズのイチロー選手が日本時間8日、日米通算2500本安打を達成した。1808試合目での達成は日本人選手最速記録。32歳8ヶ月での記録も日本人選手では史上最年少での達成である。

「マリナーズ・イチローが驚異的な速さで2500本安打を達成」の続きを読む

posted by 競阪神 at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(2) | 野球
2006年06月08日

今岡と礒部の共通点

 6日の日本ハム戦から復帰した阪神の今岡誠選手だが、6日、7日の2試合で8打数1安打とあまりいいところはない。今岡選手は昨年の日本シリーズ第2戦で、ロッテの渡辺俊介投手に打撃フォームを崩されたままであるそうだが、これは2002年の近鉄・礒部公一選手(現楽天)と同じである。このままでは礒部選手同様、1年間棒に振る可能性もある。

「今岡と礒部の共通点」の続きを読む

posted by 競阪神 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース
2006年06月06日

村上ファンド問題から一夜明けたが、タイガースは完封負け

 村上ファンド問題から一夜明けた今夜、阪神は札幌ドームでの日本ハム戦で0-3で完封負け。阪急ホールディングスとの経営統合が確実となったため、選手たちは「これで野球に専念できる」と歓迎ムードであったが、結果には結びつかなかった。

「村上ファンド問題から一夜明けたが、タイガースは完封負け」の続きを読む

posted by 競阪神 at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース
2006年06月05日

村上代表がインサイダー取引を認める やっぱり気になる阪神の今後

 村上ファンドの村上世彰代表が、5日の午前11時から記者会見を行い、インサイダー取引容疑を認め、謝罪した。今後は証券市場からは身を引くそうだ。また、村上代表は阪急ホールディングスのTOB(株式公開買い付け)に応じる意向を示したため、阪急と阪神の経営統合は加速しそうだ。

「村上代表がインサイダー取引を認める やっぱり気になる阪神の今後」の続きを読む

posted by 競阪神 at 15:45 | Comment(2) | TrackBack(4) | 時事関連
2006年06月03日

阪神・鳥谷が3試合連続でお立ち台に

 3日のソフトバンク戦は8-7で阪神がサヨナラ勝ちし、これで3連勝。この3連勝の立役者は鳥谷敬選手で、これで3試合連続でお立ち台にあがった。今日の試合でも9回裏、一死満塁で鳥谷選手がライト前へサヨナラタイムリーを放った。

「阪神・鳥谷が3試合連続でお立ち台に」の続きを読む

posted by 競阪神 at 18:57 | Comment(1) | TrackBack(4) | 阪神タイガース
2006年06月01日

阪神 - 楽天戦を観戦してきました

甲子園球場の様子  5月31日の阪神 - 楽天戦を甲子園球場へ観戦してきました。天候にも恵まれ、気温もちょうど良いぐらいで、野球観戦日和となりました。試合も天気と同じぐらい、すっきりとしてくれたら良かったのですが・・・。

「阪神 - 楽天戦を観戦してきました」の続きを読む

posted by 競阪神 at 16:34 | Comment(1) | TrackBack(2) | 野球観戦記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。