2006年03月の記事
2006年03月30日

西武・炭谷が史上5人目の高卒新人満塁弾

 昨年の高校生ドラフトで、平安高校から西武ライオンズに一巡目指名を受け入団した炭谷銀仁朗捕手。今季高卒ルーキーながら、キャッチャーとして51年ぶりの開幕スタメンを勝ち取ったことから、期待の大きさがうかがえる。そんな炭谷選手が開幕わずか4試合目で、しかも満塁ホームランをかっ飛ばした。

「西武・炭谷が史上5人目の高卒新人満塁弾」の続きを読む

posted by 競阪神 at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 野球
2006年03月27日

頼むぞ球児

 一足早くプロ野球のパ・リーグが3月25日に開幕した。WBCの効果もあり、観客動員も上々であったようだ。一方のセ・リーグは3月31日に開幕する。いよいよ野球シーズンの到来だ。しかし、タイガースファンの私には気になることが、藤川球児投手の不振である。

「頼むぞ球児」の続きを読む

posted by 競阪神 at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース
2006年03月25日

富士スピードウェイ来年から日本GP開催へ

 1987年からF1日本GPは鈴鹿サーキットで開催され、今年で20年目となるが今年を最後に鈴鹿は日本GPの名称を失うことになりそうだ。来年2007年から富士スピードウェイ(以下 富士SW)で日本GPが10月に開催されることになったと富士SWの島田久光社長が発表した。鈴鹿での来年以降のF1開催はまだ未定である。

「富士スピードウェイ来年から日本GP開催へ」の続きを読む

posted by 競阪神 at 13:15 | Comment(1) | TrackBack(2) | F1
2006年03月23日

タフィ・ローズが現役引退

 96年から05年まで近鉄、巨人で活躍したタフィ・ローズ外野手が現役引退を決意したようだ。ローズ選手はシンシナティ・レッズとマイナー契約を交わしていたが、オープン戦に12試合出場し、打率.222、本塁打0本、打点1と振るわなかった。このためレッズ側は19日に解雇通知を本人に通達し、ローズ選手も引退を決意したようだ。

「タフィ・ローズが現役引退」の続きを読む

posted by 競阪神 at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
2006年03月22日

WBC 韓国の日本に対する報道への反論

 WBCは日本の優勝で幕を閉じた。アメリカやキューバの報道は日本をたたえる報道が多いのに対し、韓国の報道はちょっとやっかみを含んだ報道が多いようだ。

 

「WBC 韓国の日本に対する報道への反論」の続きを読む

posted by 競阪神 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
2006年03月21日

ついにやった日本世界の頂点へ

 WBC決勝は日本がキューバに10-6で勝ち、栄えある第1回の優勝国に輝いた。おめでとう!

「ついにやった日本世界の頂点へ」の続きを読む

posted by 競阪神 at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(4) | 野球

小学校教諭が授業そっちのけでWBC観戦

 大阪市平野区の小学校教諭が、授業中にWBCの試合をテレビで観戦していたことが分かった。教育委員会も「厳正に対処したい」としている。この教諭は4限目の算数の授業と5限目の国語の授業をプリント学習にしていることから、どうしても試合中継を見たかったようだ。

「小学校教諭が授業そっちのけでWBC観戦」の続きを読む

posted by 競阪神 at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
2006年03月19日

WBC準決勝で日本が韓国にリベンジ

 WBC準決勝、日本-韓国戦は6-0で日本が勝った。決勝ではキューバと対戦する。

 

「WBC準決勝で日本が韓国にリベンジ」の続きを読む

posted by 競阪神 at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(33) | 野球

ブログのカスタマイズ

 タイトルの背景に写真を入れてみました。この写真は2004年のフェラーリのミハエル・シューマッハ選手のもので、鈴鹿のヘアピンスタンドで撮影しました。

 カスタマイズをするにあたり、つぎのサイトを参考にしました。

倉庫の事務員やってます 子持主婦パート事務員の言いたいこと

追記
 現在は他の画像に変更しています。

「ブログのカスタマイズ」の続きを読む

posted by 競阪神 at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2006年03月18日

疑惑の判定をしたデービッドソン審判が日本-韓国戦で2塁塁審に

 日本-アメリカ戦、メキシコ-アメリカ戦と立て続けに疑惑の判定をしたデービッドソン審判が、19日の日本-韓国戦で2塁塁審を務める予定であるようだ。

「疑惑の判定をしたデービッドソン審判が日本-韓国戦で2塁塁審に」の続きを読む

posted by 競阪神 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
2006年03月17日

日本が奇跡的に準決勝進出 WBC

 準決勝進出が絶望的と思われていた日本だが、アメリカがメキシコに1-2で負け、奇跡的に日本が準決勝に進出が決まった。1勝2敗で日本、アメリカ、メキシコが並んだが、当該対戦の失点率で日本が2位になった。

「日本が奇跡的に準決勝進出 WBC」の続きを読む

posted by 競阪神 at 18:58 | Comment(3) | TrackBack(1) | 野球
2006年03月14日

WBCアメリカ戦の件で日本が質問書を提出

 昨日行われたWBCの2次リーグアメリカ戦で、日本は判定が覆されたことについて質問書と要望書を主催者に提出した。

「WBCアメリカ戦の件で日本が質問書を提出」の続きを読む

posted by 競阪神 at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 野球
2006年03月13日

楽しみな新人

 昨日行われたF1バーレーンGPは、昨年のチャンピオンのフェルナンド・アロンソ選手(ルノー)が後半にミハエル・シューマッハ選手(フェラーリ)を逆転して優勝した。2位はシューマッハ選手、3位は最後尾スタートのキミ・ライコネン選手(マクラーレン・メルセデス)が追い上げをみせた。

「楽しみな新人」の続きを読む

posted by 競阪神 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1
2006年03月12日

厳しいスーパーアグリの船出

 長いオフが終わり、今シーズンのF1がバーレーンで開幕した。公式予選でフェラーリのミハエル・シューマッハ選手が1分31秒431でポール・ポジションを獲得し、故アイルトン・セナ選手のポール・ポジション記録である65回に並び、歴代1位タイとなった。

「厳しいスーパーアグリの船出」の続きを読む

posted by 競阪神 at 12:15 | Comment(2) | TrackBack(3) | F1
2006年03月10日

F1ドライバーの年俸が明らかに

 F1ドライバーの最高年俸はフェラーリのミハエル・シューマッハ選手で、その年俸はなんと日本円で約73億4000万円だという。そのうち約20億円は個人スポンサーの収入だそうだ。スポーツ界でM.シューマッハ選手を上回るのはゴルフのタイガー・ウッズ選手だけで、約141億1000万円だそうだ。

「F1ドライバーの年俸が明らかに」の続きを読む

posted by 競阪神 at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(2) | F1
2006年03月08日

ファンも納得できるプレーオフの実施を

 セ・リーグも来季からプレーオフを導入することが決まった。内容としては、

1 レギュラーシーズン146試合の維持
2 シーズン1位をリーグ優勝とする

といったことを条件にするとのこと。2については、「プレーオフの勝者がリーグ優勝」とするパ・リーグとは異なるルールを採用する。実施の方法は、パ・リーグのと同じ方式で行うことが望ましいという考えから、来月以降にパ・リーグと話し合いを進める。場合によっては、日本シリーズの見直しも必要となる。

 

「ファンも納得できるプレーオフの実施を」の続きを読む

posted by 競阪神 at 19:26 | Comment(2) | TrackBack(4) | プレーオフ絶対反対
2006年03月06日

不安なイチローの不振

 WBCの1次リーグで、日本は韓国に3-2で敗れ2位通過となった。負けても良い状況ではあったが、気になるのはイチロー選手の不振である。3試合で13打数3安打で、イチロー選手らしからぬ状況だ。

「不安なイチローの不振」の続きを読む

posted by 競阪神 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 野球
2006年03月04日

前途多難な楽天その2

 今季、野村監督をむかえた楽天であるが、オープン戦で4試合を消化して3敗1分と、いまだに勝利はない。結果をみてみると、

ロッテ 9-5 楽天
ソフトバンク 3-3 楽天
西武11-4 楽天
広島 12-1 楽天

となっている。ソフトバンクには引き分けているが、他の試合は大量失点を喫している。ロッテ戦、西武戦では1イニングに5失点以上を喫しているし、広島戦では6回まで毎回失点を喫するなど、まともに戦えていない。これでは野村監督の得意とする投手継投策も使う暇がない。

「前途多難な楽天その2」の続きを読む

posted by 競阪神 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。